• DIGITALIST
  • Trends
  • SDKI Inc.が「スマートロック市場の調査レポート」を発刊
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
海外 2021.03.09

SDKI Inc.が「スマートロック市場の調査レポート」を発刊

お気に入り

2026年までの予測期間中に成長率12.23%以上に

 SDKI Inc.が2020年から2026年までの市場の成長ドライバーなど、いくつかの側面に関する詳細な分析を提供する目的で、「スマートロック市場の調査レポート」を3月5日に発刊した。

 同調査レポートで、スマートフォンやそのほかのワイヤレス接続デバイス、IoTの増加、そしてスマートホームの普及により、スマートロック市場は2020年から2026年までの予測期間中に、12.23%以上という成長率が見込まれている。

 スマートロックはIoTを使用して動作するセンサーと統合されており、暗号化されたデジタルキー若しくは、モバイルキーからの認証命令を受信して、ドアのロックやロック解除する。そのため、インターネットやスマートフォンなどの普及が、同市場の需要の高まりにつながると考えられている。



市場成長が最も速いのはアジア太平洋地域という予測も

 同市場は製品タイプ別・技術別・エンドユーザー別・地域別にセグメントが分けられ、さまざまな要因に基づきサブセグメントとしてさらに細かく分類される。

 製品タイプ別ではデッドボルトやレバーハンドルなどに、技術別ではブルートゥース
やWi-Fiに分類。コンポーネント別ではバッテリーパックや電気モーターなどに分類。エンドユーザー別は居住や商業、産業に分類されている。

 北アメリカにおいては、Wi-FiとBluetoothベースのスマートロックに対する需要が高まっているほか、ミレニアル世代の人口増加と生活水準の高まりもあり、市場成長が進んでいる。中でもアジア太平洋地域は、同地域における主要国の高度経済成長や、それに伴う建設業界の成長により、スマートロック市場の成長が最も早いと予測されている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

SDKI Inc.
https://www.sdki.jp/

SDKI Inc.のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000107.000072515.html

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。