• DIGITALIST
  • Trends
  • 国内企業におけるAI活用の成熟度、1年前よりも格差拡大 IDC調査
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
データ 公開日: 2021.03.18

国内企業におけるAI活用の成熟度、1年前よりも格差拡大 IDC調査

お気に入り

コロナ禍でAIリーダー企業とフォロワー企業の格差明確

 ITや通信分野の調査・分析などを行うIDC Japanは3月16日、国内企業におけるAI活用の成熟度調査第2回(2020年11月)の結果と、第1回(2019年11月)との経年比較を踏まえた分析結果を発表した。

 同調査は、国内の従業員数500人以上のユーザー企業でAIシステムを保有し、AI導入に影響力のある人を対象としている。



 今回の調査結果によると、前回調査からの1年間で、AI導入を先駆的に進めてきたリーダー企業と、AI導入に後れを取るフォロワー企業との間の格差が明確になっているという。

リーダー企業の成熟度ステージ4の割合、前年より大幅増

 IDCではAI活用の成熟度を、ステージ1(個人依存)からステージ5(継続的革新)まで成熟度順に評価し、リーダー企業とフォロワー企業のステージ分布を前回調査と比較・分析している。

 これによると、リーダー企業ではステージ4(定量的管理)以上の割合が前回調査より43.6ポイント増加した一方で、フォロワー企業のステージ1~3の減少割合は、1年前の3.8ポイントに留まっている。

 リーダー企業は新型コロナウイルス感染症を商機と捉え、成熟度をさらに向上しているが、フォロワー企業では、ビジネス機会の時流に乗れず、格差が広がっているとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

IDC プレスリリース
https://www.idc.com/jp

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。