• DIGITALIST
  • Trends
  • 2021年第1回「E資格」結果発表、合格率は過去最高の78.44%
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
データ 公開日: 2021.03.16

2021年第1回「E資格」結果発表、合格率は過去最高の78.44%

お気に入り

過去最多の1688人が受験

 日本ディープラーニング協会(JDLA)は3月12日、2021年第1回エンジニア資格「E資格」試験の結果を発表した。

 今回のE資格試験は2021年2月19日(金)・20日(土)に行われ、受験者数は過去最多となる1688人だった。このうち合格した人は1324人で、合格率は過去最高の78.44%となった。



 E資格試験は2018年から始まり、今回を含めて5回実施されている。受験者数は初回の337人から回を追うごとに増加し、今回は前回開催時(2020年第1回、受験者1042人)より600人超の1688人となった。

 また合格者数もこれに合わせて増加し、今回は過去最多の1324人が合格。これにより、E資格の累計合格者数は2984人となった。

合格者は10代から60代まで

 今回の試験の科目別平均得点率は、応用数学69.65%、機械学習72.14%、深層学習67.80%、開発環境78.39%だった。

 合格者の年代は10代から60代までと幅広く、年代別で最も多かったのは20代の500人、次いで30代の456人、40代の260人となった。

 業種別の合格者数では、ソフトウェア業が最多の358人、次いで情報処理・提供サービス業の327人、製造業の278人と続き、高校生も1人合格していた。

 また、職種別の合格者数は、研究・開発に携わる人が551人、次いで情報システム・システム企画に携わる人が360人、学生が115人と続いた。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日本ディープラーニング協会 ニュースリリース
https://www.jdla.org/news/20210312001/

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。