• DIGITALIST
  • Trends
  • AIは脅威から期待へ アデコが上場企業の管理職を対象にAIに関する意識調査を実施
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
データ 公開日: 2021.01.05

AIは脅威から期待へ アデコが上場企業の管理職を対象にAIに関する意識調査を実施

お気に入り

上場企業の1/4以上がAI導入済み

 人材サービスのアデコは12月25日、関東の一都三県に本社がある上場企業の管理職(40~50代)800名を対象に「AI(人工知能)導入に関する意識調査」を実施し、2017年との意識比較などを発表した。

 調査の結果、AIの導入やAIへの期待感は2017年より10ポイント以上増加したとし、AIへの理解が浸透したことでAIに対する脅威は薄れ、利便性への期待が高まっていることがわかったという。



 調査結果は次のようになっている。

調査結果

 「AI導入済み」は、2017年の6.8%から18.8ポイント増加し、25.6%となった。導入を検討中だった企業が導入済みとなったことや、AIサービスの普及で導入が促進されていることなどが増加の要因という。

 「AIにとても期待している」は、2017年の21.4%から16ポイント増加し、37.4%となった。2017年当時は約1割が「脅威に感じる」と回答していたが、AIの導入により特長や利便性が理解されてきた形だ。

 AIの普及による職場への影響については、「既存の仕事の効率化、生産性が向上する」との回答が、2017年より10ポイント以上増加し、58.8%となった。また、「労働力を省力化する」という回答も、2017年より16%増加の44.6%となった。


(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

アデコ ニュースリリース
https://www.adeccogroup.jp/pressroom/2020/1225

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。