• DIGITALIST
  • Trends
  • 日本ディープラーニング協会が2022年第1回E資格の結果を発表 合格者は982人
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
データ 公開日: 2022.03.17

日本ディープラーニング協会が2022年第1回E資格の結果を発表 合格者は982人

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①日本ディープラーニング協会が2022年第1回エンジニア資格「E資格」の結果を発表。
②今回の合格者は982人、合格率は74%。
③合格者は20代が最も多かったが、70代も3人が合格。

合格率は74%

 日本ディープラーニング協会(JDLA)は3月10日、2022年第1回エンジニア資格「E資格」の結果を発表した。



 2022年第1回E資格は、2022年2月18日(金)・19日(土)に行われた。

 同協会の発表によると、今回の受検者数は1,327人で、合格者982人、合格率は前回(2021年第2回)の74.53%を若干下回る74.00%となった。科目別平均得点率は、応用数学63.41%、機械学習67.59%、深層学習63.97%、開発環境66.68%だった。

 合格者の年代は20代から70代までと幅広く、年代別で最も多かったのは20代の396人、次いで30代の312人、40代の188人となった。また70代も3人が合格していた。

 業種別の合格者数では、ソフトウェア業が最多で247人、次いで情報処理・提供サービス業217人、製造業182人と続いた。

 職種別では、研究・開発に携わる人が最も多く422人、次いで情報システム・システム企画に携わる人の262人、学生88人などとなった。また役職別の合格者数では、一般社員級が571人と全体の約6割を占めた。

E資格の概要

 E資格は、ディープラーニングを実装するエンジニアの技能を認定する資格試験。受験資格は、試験日の過去2年以内に、JDLA認定プログラムのいずれかを修了していること。試験時間は120分で、シラバスからJDLA認定プログラム修了レベルの102問が出題される。

 試験は年2回開催され、次回のE資格試験は2022年8月26日(金)・27日(土)に行われる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日本ディープラーニング協会プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000112.000028865.html


▼ 協会概要
日本ディープラーニング協会は2017年にディープラーニングを事業の核とする企業が中心となって設立され、産業活用促進、人材育成などを行っている。

名称:日本ディープラーニング協会
理事長:東京大学大学院工学系研究科教授 松尾 豊
所在地:東京都港区芝公園1丁目1番1号 住友不動産御成門タワー9F

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。