sansansansan
  • DIGITALIST
  • Trends
  • ミラボが「第1回 全国統一タイピングスキル調査」レポートを公開 小・中学生のタイピングスキルが2015年から大幅向上
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
データ 公開日: 2022.10.13

ミラボが「第1回 全国統一タイピングスキル調査」レポートを公開 小・中学生のタイピングスキルが2015年から大幅向上

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①ミラボが「第1回 全国統一タイピングスキル調査」レポートの一部を公開した。
②同調査は、ミラボが教育ネットと共同開発したデジタルAI教材「らっこたん」を活用したもの。
③調査の結果、小・中学生のタイピングスキルが2015年から大幅に向上したことがわかった。

デジタルAI教材「らっこたん」を使って調査

 ミラボは10月11日、教育ネットと共同開発したデジタルAI教材「らっこたん」による「第1回全国統一タイピングスキル調査」の結果を一部公開した。



 「らっこたん」は、AIの活用により、タイピングスキルや情報活用能力を効率的に習得できるクラウド型デジタル教材。特にタイピングスキルについては、小学1年~中学3年まで9年間の学習状況を教員がリアルタイムに確認することができる。

 今回、両社は「らっこたん」を使用し、小学1年生~中学3年生6,813名を対象にしたタイピングスキル調査を実施した。

入力文字数は学年が上がるにつれて増加

 調査結果によると、1分間当たりの正確な入力文字数は、学年が上がるにつれて増加する傾向にあり、2015年に文科省が実施した情報活用能力調査に比べ大幅に増加していた。



 1分間当たりのキータイピング入力の平均文字数は、小学5年生が2015年の5.9文字から49文字に大幅増加し、中学2年生では2015年の17.4文字から60文字に増加した。

 学年別に、1分間の入力文字数が50文字以上となった割合は、小学4年19.8%、小学5年35.2%、小学6年50.5%となり、小学6年生以上で半数を超えた。

 しかし、タイピングスキルが大幅に向上した一方で個人差が大きいことも判明し、今後は苦手意識をなくしスムーズにスキル向上させることが課題となった。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ミラボ ニュースリリース
https://mi-labo.co.jp/news/2022/10/11/3025/


▼ 会社概要
ミラボは、子育て支援事業や次世代の働き方をサポートするフォームデザイン事業を展開している。

社名:株式会社ミラボ
代表取締役:谷川一也
所在地:東京都千代田区神田駿河台4-1-2 ステラお茶の水ビル8F


▼ 会社概要
教育ネットは、子どもたちを対象とした情報モラル教育・プログラミング教育を手がけている。

社名:株式会社教育ネット
代表取締役:大笹いづみ
所在地:横浜市都筑区茅ヶ崎中央24-4 第6セキビル 502

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。