• DIGITALIST
  • Trends
  • 沖電気工業、名古屋大学、楽天モバイルが共同研究開発をスタート 協調型自律ネットワークの実現を目指す
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
データ 公開日: 2021.11.11

沖電気工業、名古屋大学、楽天モバイルが共同研究開発をスタート 協調型自律ネットワークの実現を目指す

お気に入り

▼ニュースのポイント
①沖電気工業は名古屋大学、楽天モバイルと共同で、自律移動サービスの実現に関する自律ネットワークの研究をスタートしたことを発表。
②今回の共同研究では、自律ネットワークの基盤技術と応用技術の構築を目標にしている。
③また、開発した基盤技術と連携した自律移動ロボットを開発し、このロボットを活用して、IoTサービスや映像配信サービスの実現も目標のひとつ

3者で共同研究開発をスタート

 11月8日、沖電気工業は名古屋大学、楽天モバイルと共同で、自律移動サービスの実現に関する自律ネットワークの研究をスタートしたことを発表した。

 この研究は「Beyond 5G研究開発促進事業」の研究項目のひとつである。

 沖電気工業、名古屋大学、楽天モバイルの3者は、協調型自律ネットワークの研究開発を行う。



2030年を迎える前に

 2030年には新たな通信規格「Beyond 5G」が導入される見通しだ。

 この規格が導入される前に、通信量の増加や多様化するネットワークへの要求を、人の手を煩わせることなく、ネットワークそのものが自律的に対応できるようになっておく必要がある。

 自律ネットワークにはネットワークの管理をすることができるAIをシステムに導入することによって、ネットワーク自体がすべてのオペレーションをこなすことが可能になることを目指す。

 今回の共同研究では、自律ネットワークの基盤技術と応用技術の構築を目標にしている。

 また、開発した基盤技術と連携した自律移動ロボットを開発し、このロボットを活用したIoTサービスや映像配信サービスの実現も目標のひとつだ。

 沖電気工業は、自律ネットワーク上において双方向CDN制御の研究を行う。

 名古屋大学は、自律移動に必要なサービスモジュールを組み込み、自律移動ロボットの研究開発を担う。

 楽天モバイルはモバイルネットワークを実現するための研究開発に努める。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

沖電気工業 プレスリリース
https://www.oki.com/jp/press/2021/11/z21064.html


▼会社概要
情報通信やEMS、メカトロシステム、プリンターなどの製造から販売を手掛け、これらに関連するシステムの構築やソリューションの提供を手掛ける企業。

工事や保守サービスの提供も行っている。


会社名:沖電気工業株式会社
代表:鎌上 信也
所在地:東京都港区虎ノ門1-7-12

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。