• DIGITALIST
  • Trends
  • パーソルホールディングスがITツール導入・活用に関する実態調査を実施 約65%が「生産性向上」を実感
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
データ 公開日: 2022.06.09

パーソルホールディングスがITツール導入・活用に関する実態調査を実施 約65%が「生産性向上」を実感

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①パーソルホールディングスがITツール導入・活用に関する実態調査の結果を発表した。
②ITツール導入のきっかけは「生産性向上のため」が最も多かった。
③ITツール導入によって約65%が生産性が向上したと回答した。

ITツール導入のきっかけは「生産性向上のため」

 パーソルホールディングスは6月7日、中小企業から大企業まで約1,000名を対象としたITツール導入・活用に関する実態調査の結果を発表した。これによるとITツールの導入によって約65%が生産性の向上を実感していた。



コロナ禍以降はテレワーク対応のITツール導入が上位

 調査の結果、ITツールの導入率は「Web会議システム」が56.2%と最も多く、コロナ禍以降では、このほか「チャットコミュニケーションツール」などのテレワークに対応したツールの導入が上位となった。

 今後導入を検討しているITツールでは、「AI・IoTシステム」が1位となり、次いで「電子サイン・電子契約システム」、「RPA(業務自動化)」の順となった。



 ITツール導入のきっかけは「生産性向上のため」が38.5%と最も多く、次いで「デジタル化・DX推進」「働き方改革」「テレワーク推進」が同程度の3割強となった。ITツール導入時の課題では、「既存システムからの移管が難しい」が25.6%と最も多かった。

 ITツール導入の現在の予算は、中小企業では約900円、大手・中堅で約2260万円、超大手企業では約4,000万円だった。

 中小企業ではコロナ禍以降、予算が減少しているが、大手や中堅企業では一時減少するも直近1年はコロナ以前を上回っている。また超大手企業もコロナ禍以降減少したが、直近1年は回復傾向にある。



 ITツール導入が生産性に与えた影響では、「とても向上した」「向上した」が合わせて65.1%となり、概ね生産性が向上していることがわかった。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

パーソルホールディングス ニュースリリース
https://www.persol-group.co.jp/news/20220607_10297/


▼ 会社概要
パーソルホールディングスは、パーソルグループ会社の経営計画・管理・それに付帯する業務を担っている。

社名:パーソルホールディングス株式会社
代表取締役:和田 孝雄
所在地:東京都港区南青山1-15-5 パーソル南青山ビル

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。