• DIGITALIST
  • Trends
  • イオンファンタジーがソニー・ミュージックソリューションズと共同実証実験 第一弾はARで遊ぶコンテンツの導入
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
データ 公開日: 2021.10.23

イオンファンタジーがソニー・ミュージックソリューションズと共同実証実験 第一弾はARで遊ぶコンテンツの導入

お気に入り

▼ニュースのポイント
①イオンファンタジーはソニー・ミュージックソリューションズと共同で、10月25日から12月19日まで実証実験を行う。
②今回実施するのは、ARを使った子どもの遊びに関する実証実験。
③「キッズーナARどうぶつえん」は、店舗の中でタブレットを向けると、実物と同じサイズ感の動物がAR上に出現。

ARを使った子どもの遊びに関する実証実験

10月21日、イオンファンタジーはソニー・ミュージックソリューションズと共同で、今月25日から12月19日まで実証実験を行うことを発表した。

今回実施するのは、子どもの遊びに関する実証実験でARを活用する。

まずは、キッズーナ大宮店において、タブレットを使ってARで遊ぶコンテンツを導入する。



キッズーナARどうぶつえん

今回、キッズーナ大宮店に導入されるのは「キッズーナARどうぶつえん」。店内でタブレットを向けると、本物と同じサイズの動物がAR上に現れる。

 日常生活の中では出会うことが難しい動物と出会うことができ、ライオンやカメ、クジラなどの隣に立つこともできるのである。

 動物のサイズ感を体感しながら記念撮影も可能だ。

 それだけでなく、動物に関するクイズも楽しむことができるため、動物への興味や関心を誘引できるのではないかと大きな期待が寄せられている。

ARを活用した遊びは大人気

 ARを活用した遊びはほかにもあり、「なりきりタウン」は既に子どもたちに大人気の遊びだ。

 AR上でお寿司やアイスクリームを作ることができ、ここで撮影した写真を従業員に見せると、イオン大宮店の飲食店などで利用できるクーポン券がもらえる。

 子どもが社会性を身に着けられる遊びを経験するだけでなく、店舗外でもう一度楽しめると人気のアトラクションだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

イオンファンタジー プレスリリース
https://www.fantasy.co.jp/


▼会社概要
ショッピングセンター内においてアミューズメント施設やインドアプレイグラウンドを運営する企業。


会社名:株式会社イオンファンタジー
代表:藤原 徳也
所在地:千葉県千葉市美浜区中瀬1丁目6番 エム・ベイポイント幕張 8階

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。