• DIGITALIST
  • Trends
  • EBILABと沖縄市が施設間人流データ調査を実施 沖縄市の繁華街とレジャー施設の人流を可視化するため
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
データ 公開日: 2022.08.02

EBILABと沖縄市が施設間人流データ調査を実施 沖縄市の繁華街とレジャー施設の人流を可視化するため

お気に入り

▼ニュースのポイント
①EBILABは沖縄市と共同で、2021年12月3日から2022年4月5日まで施設間人流データ調査を行ってきた。
②「沖縄市一番街商店街」に1カ所、「沖縄アリーナ」「ミュージックタウン音市場」「沖縄こどもの国」という3つのレジャー施設内の8カ所に、IoTカメラを設置して実施。
③調査結果は、沖縄市内全域において人の回遊性を高め、たくさんの人が楽しむことができる街づくりを目指す政策への検討、イベントの効果測定などに活用される見通し。

人流データ調査を実施

 7月28日、EBILABは沖縄市と共同で、2021年12月3日から2022年4月5日まで施設間人流データ調査を行ってきたことを発表した。

 同調査は沖縄市内の「沖縄市一番街商店街」に1カ所、「沖縄アリーナ」「ミュージックタウン音市場」「沖縄こどもの国」という3つのレジャー施設内の8カ所に、IoTカメラを設置して行った。



人流を可視化するため

 今回実施した調査は、沖縄市の繁華街とレジャー施設の人流を可視化するために実施。

 全部で9台のIoTカメラによって、それぞれのエリアにおける、日付や時間帯ごとの通行者数を計測して分析した。

 IoTカメラを設置した3施設では、年間を通してさまざまなイベントが開催されているが、そのようなイベント参加者が市内の繁華街へ回遊しているか否か、街の賑わいや集客に影響を与えているのかという分析を、これまで行っていなかった。

 そこで今回、EBILABのBIツール「TOUCH POINT BI」で分析を行い、結果を見やすい形にビジュアライズする。

 この調査結果は、沖縄市内全域において人の回遊性を高め、たくさんの人が楽しむことができる街づくりを目指す政策への検討、イベントの効果測定などに活用される見通しだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

EBILAB プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp


▼会社概要
飲食店を対象としたクラウドサービスの開発や販売、サポート業務を手掛ける企業。


会社名:株式会社EBILAB
代表:小田島春樹
所在地:三重県伊勢市宇治今在家町13

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。