sansansansan
  • DIGITALIST
  • Trends
  • HYPER CUBEと岡山市がAIアバターを活用してフレイル予防 フレイルチェックの工程負荷を軽減
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
データ 公開日: 2023.01.24

HYPER CUBEと岡山市がAIアバターを活用してフレイル予防 フレイルチェックの工程負荷を軽減

お気に入り

▼ニュースのポイント
①HYPER CUBEと岡山市は、岡山市が主催するフレイル予防を目的としたイベントや、市内の薬局にAIアバター「トモニ」を設置することを発表。
②1月27日から2月28日までの期間で設置し、同期間中はトモニを活用したフレイルチェックを実施し、サービスの検証や有効性を調査する。
③トモニは人の回答を認識できるため、高齢者においてハードルが高いタブレット操作を行う必要がない。

フレイル予防にAIアバターを活用

 1月20日、HYPER CUBEと岡山市は、同市が開催するフレイル予防を目的としたイベントや、市内の薬局にAIアバター「トモニ」を設置することを発表した。

 トモニの設置期間は1月27日から2月28日までであり、同期間中はトモニを活用したフレイルチェックを実施し、サービスの検証や有効性を調査する。



手作業で行ってきた工程を自動化

 人は年齢を重ねると体の力が少しずつ弱くなる。そうすると、外出機会が減少し、病気でなくてもサポートや介護が必要な状態になってくる。

 このように、心身の働きが弱くなった状態をフレイルと呼ぶが、早期に対策を行うことで、元気な状態を取り戻すことが可能だ。

 要介護状態にならないためには、自分の健康状態を把握し、介護予防に取り組むことが重要であるとされている。

 現状でも、イベントや薬局などでフレイルチェックは実施しているが、実施件数は十分ではないことが多い。その理由を探ってみると、フレイルチェックにおける工程の負荷が原因の1つに挙げられた。

 今回の取り組みでは、AIアバターを活用し、高齢者に対するデジタルサービスの有効性や課題などを検証する。

 トモニは人の回答を認識できるため、高齢者において難易度が高いタブレット操作を行う必要がない。

 これまで手作業で行ってきた計算や記録などの時間がかかる工程を自動化することができ、人は健康アドバイスなどを中心に担うことができる。
(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

HYPER CUBE プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp


▼会社概要
「遊び」と「テクノロジー」を融合させ、新しいサービスを生み出す企業。

ソフトウェアやAI開発、事業サポート、広告事業など幅広く事業展開している。


会社名:株式会社HYPER CUBE
代表:大林 謙
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5 リンクスクエア新宿16階

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。

公開終了のお知らせ

2024年1月24日以降に
ウェブサイトの公開を終了いたします