• DIGITALIST
  • Trends
  • AI insideが「AI人材」に関する調査を実施 AI人材になりたい「潜在AI人材」は23.6%
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
データ 公開日: 2022.08.05

AI insideが「AI人材」に関する調査を実施 AI人材になりたい「潜在AI人材」は23.6%

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①AI insideが「AI人材に関する調査」の結果を発表した。
②調査によるとAI人材になりたい「潜在AI人材」は全体の2割以上。
③AI人材に求められるスキルは、業務における課題解決スキル。

「潜在AI人材」はAI/IT人材不足解決のカギ

 AIプラットフォームを提供するAI insideは8月2日、全国のビジネスパーソン1500名を対象に実施した「AI人材に関する調査」の結果を発表した。

 これによると、AI人材になりたい「潜在AI人材」は全体の2割以上となり、経済産業省が今後不足を見込むAI/IT人材数を解決できる可能性があることがわかった。



AI人材には「課題解決スキル」が必要

 今回の調査は、20~59歳のビジネスパーソンを対象に、AI・デジタル人材への関心・意向などの把握を目的に行われた。

 調査の結果、AI人材になりたいと考えている人は1500人のうちの23.6%となった。この数字を日本の労働人口の正規従業員数3,626万人に当てはめてみると23.6%は856万人に相当し、経済産業省が2030年までに不足を見込むAI/IT人材数約79万人を十分満たす値となった。

 また、AI人材に必要だと思うスキル・経験についての設問では、「業務プロセス改善経験」が必要という回答が33.5%と最も多く、次いで「ビジネスにおける問題発見解決スキル・経験」33.1%などとなった。

 これにより、AI人材には、AIの知識だけでなく、業務における課題解決スキルが必要とされていることがわかった。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

AI insideプレスリリース
https://inside.ai/news/2022/08/02/ai-researchresults-2/


▼ 会社概要
AI insideは人工知能と人工知能に関連する情報サービスの開発・提供を行っている。

社名:AI inside 株式会社
代表取締役:渡久地択
所在地:東京都渋谷区渋谷3-8-12 渋谷第一生命ビルディング4階

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。