• DIGITALIST
  • Trends
  • AI insideと大日本印刷、AIモデル開発サービスによるAI活用支援を開始
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
Trends 2021.04.23

AI insideと大日本印刷、AIモデル開発サービスによるAI活用支援を開始

お気に入り

▼ ニュースのポイント
①AI insideがノーコードで簡単にAIモデル開発ができる「Learning Center」を開発。
②AI insideと大日本印刷が、「Learning Center」を用いたAI活用支援サービスを開始。
③実際に「Learning Center」を用いたワークショップでは、AI開発期間を大幅に短縮した。

ノーコードでAIモデル開発ができる「Learning Center」

 AIプラットフォームを提供するAI insideと大日本印刷は4月21日、AI insideが開発したノーコードでAIモデルを開発できる「Learning Center」を用いたAI活用支援サービスを開始した。



 AI insideの「Learning Center」は、日本語のUIを備え、AIやプログラミングの専門知識がなくとも、誰でもノーコードで簡単に高精度なAIモデルを開発することができるサービスだ。

 同サービスでは、AI活用の企画とデータ収集を行った後は、データの管理からAIの自動生成・配信までを「Learning Center」上での簡単な入力とクリックで行うことができる。追加学習によるAI精度の改善や、他のシステムとの連携も可能という。

 今回のAI活用支援サービスでは、大日本印刷が、AIの導入を希望する企業や自治体に、「Learning Center」の販売と活用のプランニングを行うという。

活用事例では、開発期間を大幅に短縮

 両社が開催したワークショップでは、大日本印刷が製造するICカードの出荷時におけるホログラム外観検査用AIを、製造現場のスタッフが「Learning Center」を用いて開発した。

 通常、このようなAI開発には数カ月間を要するというが、現場スタッフらは「Learning Center」を用いて、企画からAI開発・精度検証までを30日間で行ったという。また、開発に使用した画像データはわずか100枚程度だったが、約90%の精度を実現したとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

AI inside ニュースリリース
https://inside.ai/news/2021/04/21/lc_alliance_dnp/

https://inside.ai/news/2021/04/21/learningcenter_release/


▼ 会社概要
AI insideは、人工知能と人工知能に関連する情報サービスを開発、提供している。

社名:AI inside 株式会社
代表取締役:渡久地択
所在地:東京都渋谷区渋谷3-8-12 渋谷第一生命ビルディング4階

▼ 会社概要
大日本印刷は、印刷事業をはじめ、ディスプレイ関連製品や電子デバイスの事業などを国内外で展開している。

社名:大日本印刷株式会社
代表取締役:北島 義斉
所在地:東京都新宿区市谷加賀町一丁目1番1号

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。