sansansansan
  • DIGITALIST
  • Workstyle
  • コンプライアンス意識を高める教育方法とは?背景や重要性についても解説
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
その他ビジネス 公開日: 2022.10.13

コンプライアンス意識を高める教育方法とは?背景や重要性についても解説

お気に入り

 企業を維持・成長させるためには、社員のコンプライアンス意識を高めることが重要だ。しかし、具体的にどのような社員教育をすればコンプライアンスが高まるのかと不安に感じている方も多いのではないだろうか。

 本稿は、コンプライアンスを高める教育方法を解説する。社員のコンプライアンス意識を高め、浸透させるための教育方法に悩みを抱えている方はぜひご覧いただきたい。

【画像】Shutterstock

目次

 企業を維持・成長させるためには、社員のコンプライアンス意識を高めることが重要だ。しかし、具体的にどのような社員教育をすればコンプライアンスが高まるのかと不安に感じている方も多いのではないだろうか。

 本稿は、コンプライアンスを高める教育方法を解説する。社員のコンプライアンス意識を高め、浸透させるための教育方法に悩みを抱えている方はぜひご覧いただきたい。

コンプライアンスとは何か?

 コンプライアンスとは、法令を守ることに加え、会社で定められているルールや人として守らなければならない倫理などに従って、公正・公平に業務を実施することをいう。コンプライアンスを遵守することで、取引先や株主の信用を失わずに済む。

 コンプライアンスを遵守しなければ、採用難や社員の流出につながる恐れすらある。当たり前だが、違法行為をしている会社へ入社したいと思う人材はあまりいないだろう。企業を守るためには、社員のコンプライアンス意識を高めることが大切だ。

コンプライアンスの対策内容

【画像】Shutterstock
 ここでは、コンプライアンスの対策内容を紹介する。ぜひ参考にして、社内のコンプライアンス意識向上に努めてほしい。

就業規則

コンプライアンス対策を実施するためには、就業規則や行動規範を守らなければならない。もし、既定の労働時間を超えて働かせたり十分な休憩時間を与えなかったりなどの就業規則違反が発覚すれば、社員側から損害賠償請求をされる可能性すらある。

 また、就業規則だけでなく、企業の社員として望ましい行動規範を守ることもコンプライアンスの意味合いに含まれている。例えば、航空会社のANAには以下の5つの行動指針が示されている。

●    安全
●    お客様視点
●    社会への責任
●    チームスピリット
●    努力と挑戦

1つ目と3つ目の行動指針を心がけて業務に取り組めば、心が引き締まってより安全性に考慮した行動ができるだろう。また、2つ目の顧客視点で物事を考えて行動に移せば顧客満足度が高まり、会社の売上向上につながる。

安全に業務を遂行するためにも、会社の利益を高めるためにも、行動指針を守る必要がある。就業規則と同時に行動指針もコンプライアンスとして遵守しなければならない。

ハラスメント

 セクハラやパワハラなど、ハラスメントに関するコンプライアンス教育も欠かせない。年々、ハラスメントに関するコンプライアンスが厳しくなっているため、悪気がなくてハラスメントをしている社員もいるかもしれない。

 無意識にハラスメントしてしまう社員に対してコンプライアンス教育を実施することで、不快な思いをしながら働く社員がいなくなるため、働きやすい職場づくりにつながるだろう。

情報漏えい

 顧客や取引先との信頼関係を保つためにも、情報漏えいに関するコンプライアンス教育は必ず実施する必要がある。もし、顧客や取引先の情報漏えいをしてしまった場合、損害賠償請求をされる可能性がある。

 情報漏えい問題が起きれば、関わりがない消費者も企業に対して悪いイメージをもちやすくなるため、売上が低下する恐れもある。企業を維持・成長させていくために、情報漏えいが起きないよう厳重な対策を講じよう。

コンプライアンスの意識強化が求められる背景とは

 ここでは、コンプライアンスの意識強化が求められる背景を3つ紹介する。背景を把握することで、コンプライアンスの重要性を理解できるだろう。

スマホの普及

 コンプライアンス意識が強くなってきている理由の1つに、スマホの普及が挙げられる。スマホが普及したことで企業がコンプライアンス違反する行動を取れば瞬時に情報が拡散し、炎上する恐れがあるからだ。

 某回転寿司チェーン店でバイトテロを起こした学生が、Instagramで悪ふざけの動画を友人が見られるように投稿したつもりが、一瞬で情報が広まり本名まで特定されてしまった事件は、いまだ記憶に新しいだろう。

 上記のバイトテロ事件のように社員がSNSに不適切な発言をしてしまうケースもあるため、SNS利用に関するコンプライアンスを考える企業が増えてきている。

企業の不祥事が相次いだため

 企業の不祥事が相次いだことも、コンプライアンス意識が強化されてきている理由の一つだろう。近年、社員の過労死に関する事件や、長時間労働させた企業が頻繁にニュースに取り沙汰されるようになった。

 上記のようなコンプライアンス違反がさまざまな企業で相次いだことによって、社会の目が厳しくなってきているのだろう。

IT資産の管理が必要であるため

 企業が利用するソフトウェアやハードディスクなどのIT資産が増えているのも、コンプライアンス意識の変化に影響を与えている。IT資産を適切に管理しなければ、企業の不正行為を見逃しやすくなるからだ。

 IT資産を適切に管理しないことで、情報漏えいにつながるかもしれない。情報漏えいを防ぐためにもIT資産管理システムを導入し、セキュリティーを向上する必要があるだろう。

コンプライアンス意識の高い企業の特徴

【画像】Shutterstock
 ここでは、コンプライアンス意識の高い企業の特徴を紹介する。

コンプライアンス担当の部署が設置されている

 コンプライアンス担当の専門部署を設置すれば、短時間で違反の対処が可能だ。加えて、コンプライアンス相談窓口の設置もすると、コンプライアンス違反を未然に防ぐこともできる。

 上司から、同僚に知られていないところでパワハラを受けている場合、表立ってパワハラを報告することは難しいだろう。ただ、相談窓口が設置してあれば、上司へ通告が知られる心配もないため、安心して通告できる。

 コンプライアンスを高めたいのであれば、担当部署と相談窓口の設置がおすすめだ。

ルールを社内へ通知する

 社員の中には、コンプライアンス内容を具体的に把握していない人もいるかもしれない。あらかじめ社内へ再度ルールを通知しておけば、知らない内にコンプライアンス違反をすることを防げるだろう。

コンプライアンスの意識向上による企業のメリット

 ここでは、コンプライアンス意識向上によって企業が得られるメリットを2つ紹介する。

信頼性が高まる

 コンプライアンスの意識を高めることで、信頼性の向上につながるだろう。消費者はコンプライアンス違反する企業の商品やサービスを利用したいと思わないからだ。

 例えば、一度情報漏えい事件を起こしている企業のサービスへ会員登録するのは「個人情報流出してしまうのではないか」と不安になってしまうだろう。コンプライアンス意識を高めれば企業に対する信頼性も高まり、安心して商品やサービスを利用してもらえるだろう。

働きやすい会社作りにつながる

 コンプライアンス意識を高めることでハラスメントを中心とした問題がなくなり、社員が働きやすい会社作りにつながる。社員が働きやすい会社になれば、離職率が低下して人手不足に悩む必要もなくなるだろう。

コンプライアンスの意識を高める教育法

 ここでは、コンプライアンスの意識を高める教育方法を2つ紹介する。ここで紹介する教育法を実践し、コンプライアンスの意識が高まるように努めていただければ幸いである。

研修

 研修は、具体的な事例を取り上げながら実施できるためコンプライアンス意識向上に最適といえるだろう。具体的な事例を用いた説明により、自身が普段とっている行動がコンプライアンス違反になるか否かを考えさせることが可能だ。

 また社内研修を実施する際は、平社員や管理職など責任範囲ごとに分類するとよい。役職に分けることで、取得するべきコンプライアンス意識が明確になるからである。

 コンプライアンス教育は全社員に必要なので、責任範囲ごとに学習できる研修計画を立てるとよいだろう。新入社員が入社した際、コンプライアンス研修を盛り込むと、実務の開始前に業務上のさまざまなリスクについて学ぶことができることから、このような人事的なタイミングを狙った開催もおすすめと言える。

eラーニング

 eラーニングを実施するメリットとして、反復教育ができることが挙げられる。社内研修のように全社員を集める必要がなく、それぞれのペースで反復学習できるため、より知識を習得しやすくなる。

 加えて、多くのeラーニングシステムは、社員の意識の浸透や理解度を確認できるようになっている。全社員を集めるのが難しい場合は、eラーニング教育を実施してみることをおすすめしたい。

コンプライアンスの教育を成功させるポイント

【画像】Shutterstock
 ここでは、コンプライアンス教育を成功させるポイントを5つ紹介する。ここで紹介したポイントを活用したコンプライアンス教育を実施するとよいだろう。

ゴールの設定

 コンプライアンス教育を始める前に、ゴールの設定をするとよい。ゴールの設定をする際は、誰に対して・何を・いつまでに・なぜ・どのようにという5つの観点から、ゴールを具体的にすることが大切だ。新入社員や部長、社員の年齢によってコンプライアンス意識が大きく異なっているため、社員共通の意識を全員に浸透させなければいけないからである。

 例えば、コンプライアンス教育をする際は、以下のようにゴール設定をしてみることができる。

●    誰に対して…2023年卒の新入社員に対して
●    何を…就業規則内容をすべて理解する
●    いつまでに…新入社員研修の1カ月間
●    なぜ…就業規則がわからないことが原因でコンプライアンス違反をすることを防ぐため
●    どのように…何度もeラーニングで学習させる

 上記のように具体的なゴール設定をすることで、コンプライアンス教育が成功しやすくなるだろう。

基準の統一

 コンプライアンスの基準を統一させることも、コンプライアンス教育をするうえで欠かせない。Aさんがパワハラのつもりではなくても、Bさんにとってはパワハラを受けた認識をもっているかもしれない。

 基準を統一することで、社員の価値観の違いによってトラブルが起こることは防げるだろう。

上層部の意識

 社内のコンプライアンス意識を高めるためには、会社の上層部のコンプライアンス意識を向上させる必要がある。

 もし、会社の上層部のコンプライアンス意識が低く、ハラスメントをしてくる上司が多かった場合、部下はコンプライアンス意識を高めようとはしないだろう。部下は上司の姿を見て育つからだ。

 コンプライアンス教育を実施する前に、上層部のコンプライアンス意識を高めるとよいだろう。

研修のタイミング

 コンプライアンス教育は、主に以下の3つのタイミングで実施するとよいだろう。

●    1年に一回など定期的に実施
●    自社・他社でコンプライアンス違反が発生した際
●    法令や社内規定の制定・改正

 上記の3つのタイミングで全社員の研修を実施し、コンプライアンス意識の向上に努めるとよい。

社員同士で討論する時間を設ける

 研修でコンプライアンスに関して説明しているだけでは、社員が受動的に聞いているだけなのでコンプライアンス意識の向上は見込めないだろう。そこでおすすめなのが、コンプライアンス研修後の討論だ。

 研修後にコンプライアンスに関する討論をして頭を活性化することで、お互いにコンプライアンスに関する知識が深まるだろう。社員同士の理解度を深めるためにも、コンプライアンス教育にぜひ、社員同士の討論を取り入れてみてほしい。

コンプライアンス

 今回は、コンプライアンス意識を高める教育方法について解説した。コンプライアンスを高めるためには、ゴールの設定やコンプライアンスの基準の統一、上層部の意識の向上などが欠かせない。

 このようにコンプライアンス意識を高めるためにおすすめのサービスとして、Sansan 株式会社が提供する営業DXサービス『Sansan 』がある。Sansanの「リスクチェックpowered by Refinitiv/KYCC」を利用することで、取引先が危険な企業でないかを探れるため、リスクを避けて会社運営ができる。詳しくは下記ページを見ていただきたい。

関連記事

新着記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。