• DIGITALIST
  • Workstyle
  • テレワーク時のチーム管理に苦慮するマネジメント層は7割。課題解決のための対策とは
Pocket HatenaBlog facebook Twitter Close
営業 2020.06.03

テレワーク時のチーム管理に苦慮するマネジメント層は7割。課題解決のための対策とは

お気に入り

 新型コロナウイルス感染症対策の一つとして、企業のテレワーク(リモートワーク)導入が進んでいる。

 Sansan株式会社では2020年3月、テレワーク導入済みの企業の経営者(トップマネジメント層)、管理職(ミドルマネジメント層)400名に対してアンケート調査を実施。この調査結果から分かった、テレワーク導入にあたりマネジメント層が感じている課題やその解決策について解説する。

目次

マネジメント層の7割がチームメンバーの行動管理に苦労

 実際に、テレワークを導入している企業のマネジメント層は、業務を行う上での課題をどのように感じているのだろうか。

 調査結果によると、マネジメント層の約7割は「管理が必要なチームメンバーの行動が見えにくい」ことを課題として挙げた。

Q:リモートワーク/テレワークを推進するにあたって、どのような課題がありますか。

 テレワーク環境下では当然ながら、メンバーの姿は見えず、直接声をかけられないため、メンバー管理の難しさを感じていることがわかる。また、「チームメンバー同士で情報共有ができていない」という課題を過半数が挙げていることから、マネジャーからチームメンバーの行動が見えにくいだけでなく、メンバー同士のコミュニケーションにも不備を感じているという実態が明らかとなった。

 以上の結果より、マネジメント層にとってテレワークを成功に導くためのポイントは、普段の業務と同様に、メンバーの業務管理や進捗把握を行うことにあると言えるだろう。

テレワークの課題解決のためにマネジメント層が実施した取り組み

 調査結果を見ると、セキュリティー体制の整備や、メンバーの行動の可視化、業務時間の可視化などが取り組みとして挙げられている。
 前述のメンバーの業務管理や進捗把握に対する取り組みの他に、テレワーク環境の整備にも、積極的に取り組んでいることがわかった。

テレワークを成功させるためには、クラウド化して業務を可視化

 前項まで見てきたように、テレワークを活用するためには、次の二つの要素がポイントとなる。
  1. メンバーの業務や行動の可視化
  2. テレワークのためのハード面・ソフト面の整備(どこでも仕事ができるクラウド化)
 それぞれのポイントを詳しく紹介する。

1. 業務の可視化

 テレワーク環境下では、チームメンバーが、どのような業務を行っていて、進捗はどの程度なのか、といった業務内容を把握することは、勤怠管理をはじめ、営業戦略や人事評価のためにも欠かせないマネジメントの一つ。

 業務内容の把握をするために必要なタスク管理や日報などは、ITツールやアプリを活用。これにより、個々人の業務内容の把握が容易になるだけでなく、チーム全体の業務がリアルタイムで可視化できるようになる。

2. クラウド化

 テレワークのためにハード面・ソフト面を整備することを目的に、多くの企業が導入を進めているのがクラウド型の業務ツールやアプリだ。

 「クラウド化」とは、紙文書や自社サーバーで管理していた業務システムや顧客データを、全てインターネット上に保管して、外部からは必要に応じてアクセスし業務を行う方式へ移行すること。

 インターネット上にデータを保存・管理して運用するSaaS(Software as a Service)サービスが、さまざまな業務向けに提供されており、導入コストも自社でシステム構築・管理するよりも安価だ。クラウド化することで、場所や時間を選ばず、業務を行うことができる。

対応ポイントを押さえて、適切なテレワーク導入を

 今回の調査結果から、テレワークを成功させるためには二つの対応すべきポイントがあることが分かった。いずれもテレワーク導入だけでなく、近年、国を挙げて推進している「働き方改革」やICT環境の整備に欠かせない。テレワーク導入を入口に、業務効率化や生産性向上などの経営改善を実現できるため、積極的に取り組んで欲しい。

 テレワーク導入を成功させるポイントについては、以下の資料でも詳しく説明しているため、ぜひ、活用いただきたい。
「テレワークに関する調査」結果について
調査名:テレワークに関する調査
調査方法:インターネットよるアンケート調査
調査期間:2020年3月13日〜3月16日
調査対象:リモートワーク/テレワークを既に実施済みの企業に勤める、チームメンバーの管理・評価をする立場にある役職者
調査サンプル数:400名
調査実施者:Sansan株式会社

関連記事

DIGITALIST会員が
できること

  • 会員限定記事が全て読める
  • 厳選情報をメルマガで確認
  • 同業他社のニュースを閲覧
    ※本機能は、一部ご利用いただけない会員様がいます。